mの本棚

その辺のOLが本にまつわることを書いてます。

【読書記録】流浪の月/凪良ゆう

今回の本。

話題になってたからずっと読みたかった本。 初の凪良ゆうさん。

10歳の少女と、孤独な男子大学生。 一緒に時を過ごし、離れ離れになったのち、2人は再会を果たす。

壮絶で、センシティブで、 正直ちょっと目をつむりたくなる話だった。

2人の関係には賛否両論あるだろう。 この本を読む前だったら、私は拒絶していたかもしれない。

でも、「事実と真実は違う」という言葉が突き刺さる。 側から見た人たちがあぁだこうだ騒ぎ立てても、当事者たちの目線で物事を見られるわけがない。

これを小説にした勇気がすごい。そして、これが、本屋大賞を取り、映画化もされ、人々の心に刺さっている。なんだかすごい物語を読んでしまった気がする。